Surf’s Up – The Beach Boys |サーフズ・アップ(波が立っている) – ザ・ビーチ・ボーイズ の歌詞カタカナ

the-beach-boys-surfs-up

youtubelogo1

サーフズ・アップ
(波が立っている)
– ザ・ビーチ・ボーイズ

ア ダイアモン ネックレス
プレイダ ポーン
ハンディン ハン
サム ドラム ダロン、 オー
トゥ ア ハンサム
マナー バトン
ア ブライン クラス アリストクレースィー
バック スルー
ディ オペラ グラス
ユー スィー
ダ ピッダ ペンダラム
ドローン コラムネーテッ
ルインズ ドミノ

キャンヴァス ダ タウン エン
ブラッシュ ダ バックドロップ
アー ユー スリーピン?

ハング ヴェゥベッ
オーヴァーテークン ミー
ディム シャンデリア
アウェークン ミ-
トゥ ア ソン ディゾーブ
インダ ドーン
ダ ミューズィック ホー
ア コスリー ボウ
ダ ミューズィック オー
イズ ロス フォー ナウ
トゥ ア ミューテッ トランペター スワン
コラムネーテッ ルインズ ドミノ

キャンヴァス ダ タウン エン
ブラッシュ ダ バックドロップ
アー ユー スリーピン
ブラダー ジョン?

ドーブ ネステッ タワーズ
ダ アワー ワズ
ストライク ダ ストリー
クイックスィウバー ムーン
キャリアッジ アクロスダ フォッグ
トゥー ステップトゥ
ランプ ライツ セラー トゥーン
ダ ラフズ カム ハー
イン オー ラン サイン

ダ グラス ワズ レイズ
ダ ファイア ローズ
ダ フーネス オブ ダ ワイン
ダ ディム ラス トースティン
ワイゥ アッ ポー
アディウ オア ダイ

ア チョーコブ グリーフ
ハー ハーデン アイ
ビヨン ビリーフ
ア ブロークン マン
トゥー タフ トゥ クライ

サーフズ アップ
アボーダ タイダゥ ウェーブ
カム アバウ ハー エン ジョイン
ダ ヤン エン
オーフタン スプリン ユー ゲーブ
アイ ハーダ ワー
ワンダフォー スィン
ア チゥドレンズ ソン

チャイゥ・・・

ア チャイゥ ディズ
ダ ファーダー オブ ダ マン
チャイゥ
ア チャイゥ ディズ
ダ ファーダー オブ ダ マン
ア チゥドレンズ ソン
ハブ ユー リッスン
アズ デイ プレイ
デア ソン ギズ ラブ
エンダ チゥドレン
ノーダ ウェイ
ダッツ ワイ ダ チャイゥディズ
ダ ファーダー トゥ ダ マン
チャイゥ・・・
チャイゥ・・・
ナ ナ ナ・・・
チャイゥ・・・
ダッツ ワイ ダ チャイゥディズ
ダ ファーダー トゥ ダ マン
チャイゥ・・・

Surf’s Up

– The Beach Boys

A diamond necklace
played the pawn
Hand in hand
some drummed along, oh
To a handsome
mannered baton
A blind class aristocracy
Back through
the opera glass
you see
The pit and the pendulum
drawn Columnated
ruins domino

Canvass the town and
brush the backdrop
Are you sleeping?

Hung velvet
overtaken me
Dim chandelier
awaken me
To a song dissolved
in the dawn
The music hall
a costly bow
The music all
is lost for now
To a muted trumpeter swan
Columnated ruins domino

Canvass the town and
brush the backdrop
Are you sleeping,
Brother John?

Dove nested towers
the hour was
Strike the street
quicksilver moon
Carriage across the fog
Two-Step to
lamp lights cellar tune
The laughs come hard
in Auld Lang Syne

The glass was raised,
the fired rose
The fullness of the wine,
the dim last toasting
While at port
adieu or die

A choke of grief
heart hardened I
Beyond belief
a broken man
too tough to cry

Surf’s Up
Aboard a tidal wave
Come about hard and join
The young and
often spring you gave
I heard the word
Wonderful thing
A children’s song

Child…
A child is
the father of the man
Child…
A child is
the father of the man
A children’s song
Have you listened
as they played
Their song is love
And the children
know the way
That’s why the child is
the father to the man
Child…
Child…
Na na na…
Child…
That’s why the child is
the father to the man
Child…

* The pit and the pendulum = 「落とし穴と振り子」エドガー・アラン・ポーの短編小説。で、拷問や尋問を描く恐怖小説。
* Canvass the town and brush the backdrop = 有名な言い回しpaint the town red、街を赤く塗ろうを隠喩した言葉。意味は「大騒ぎをして遊ぶ」
* Hung velvet overtaken me = Black Velvet(ウイスキーとビール) と hungover(二日酔い) をもじった言い回し。酒で二日酔いになったという意味。
* To a muted trumpeter swan = 同年代の小説「The Trumpet of the Swan」を意識している。喋れないトランペッターの物語。
* the hour was = ニューイヤー、特に語られていないが、そう推測できる(らしい)。
* Auld Lang Syne = スコットランド民謡「蛍の光」の原題。
* Surf’s Up = 「波が来た」という意味。

この曲も好きかも?

コメントをどうぞ